婦人

ほくろの除去をするポイント|失敗しない美容整形

施術を行う医療機関

顔を触る婦人

美容外科のメリットと魅力

人によってほくろのでき方というのは異なり、小さなものがたくさんあって目立つという人もいれば、たった一つであっても大きく、膨らんでいるために目立つという人もいます。それぞれに状態は違えども、気になるものであるのは間違いなく、人目も気になり、コンプレックスになりがちです。たくさんあるほくろは、コンシーラーなどで隠すにも時間と手間がかかりますし、シミとちがってなかなか隠すことができません。また、膨らんでいるタイプは立体感がありますので、コンシーラーで色を隠すことができたとしても、見る角度によっては明らかにわかってしまうという難点があります。そのため、あまりにも気になってコンプレックスになっていることがはっきりと自覚できているのであれば、除去してしまうという選択肢を考えるのがいいでしょう。ほくろの除去ができる医療機関は、健康保険適用を考えるのであれば皮膚科になりますし、自費診療でもいいからできるだけきれいに取ってもらいたいというのであれば、美容外科クリニックということになります。ほくろを除去する際に、生活に支障をきたす場合だと保険が適応されることもあります。そのため、費用を安く済ませることも可能となるのです。ただし、気を付けなければならないのは、仮に健康保険診療を行う皮膚科であっても、医療的観点に照らしてみた場合、良性であることから除去する必要はないと判断された場合です。あくまでも見た目が気になるという理由であれば、保険診療にはなりません。皮膚科医と美容外科医とでは腕の良さが違うとは言い切れませんが、より丁寧なカウンセリングや説明をしてくれるのはどちらかということになると、美容外科医に軍配が上がります。美容外科クリニックは全額自己負担となる治療費の高さゆえに、健康保険診療の患者がいない分だけ、カウンセリングにしっかりと時間が取れることがメリットとなるからです。また、ほくろの状況を見てどのような除去方法をとるのが一番いいのかということも、美容外科クリニックの方が詳しく説明してくれるでしょう。予約制を取っているところが大半ですし、診療内容の中にきちんとほくろ除去という項目を設け、はっきりと料金を明示しているところであれば、自費診療の美容外科クリニックでも安心して受けることができます。