婦人

ほくろの除去をするポイント|失敗しない美容整形

悩みを解消して美しい肌に

カウンセリング

悪性の腫瘍には要注意

「ほくろ」は、誰にでもあるものです。とはいえ、大きさや場所によってはかなり目立ってしまうので、除去したいと考えている方も多いでしょう。「ほくろ」とは、皮膚の一部分にメラノサイトという細胞が集結して黒っぽく見えるもので、正式な名称は色素性母斑といいます。「ほくろ」を除去する方法は、その種類や位置、大きさなどによって異なります。盛り上がりのない直径5mm以下の「ほくろ」であれば、一気に炭酸ガスレーザーを照射して、メラノサイトを壊して取り除いていく方法が適しています。5〜10分程度で終わり、施術後も腫れや痛みがありません。ただし、この方法は組織検査ができませんので、あらかじめ十分なカウンセリングを受けておきましょう。また、小さな「ほくろ」の場合には、局所麻酔をして筒状の器具で組織をくり抜く方法もあります。組織検査が可能なうえ、しっかりと取り除けるので、再発の心配がないのもメリットです。施術は短時間で終了し、レーザーのように熱を使わないため、きれいな仕上がりとなります。一方、直径6mmを超えるものは、切除縫合法での施術が多くなります。「ほくろ」とその周辺部分を切除した後、縫合するという簡単な手術で、組織を検査することもできるので悪性ではないかと不安を感じるならば、この治療方法が良いでしょう。「ほくろ」は全身にありますが、目に付きやすいのは顔部分でしょう。なかでも、アザのように見えるものや盛り上がっている大きなものは、深刻な悩みとなりかねません。除去することで顔の印象が変われば、コンプレックスが解消されて気持ちも明るくなるでしょう。除去手術は皮膚科だけではなく、美容外科や形成外科でも受けることができます。医師とよく相談したうえで、自分に合ったクリニックや施術を選択することが大切です。気をつけたいのが、一見「ほくろ」のようでいて、実は皮膚の病気だったというケースです。たとえば、皮膚がんの一種とされるメラノーマは、とてもよく似ているために見分けがつかないことがあります。悪性黒色腫と呼ばれるメラノーマは、がん組織の成長が大変早く、皮膚の浅い部分から深い部分へ、そして他の組織へと短期間のうちに転移してしまいます。実は「ほくろ」は、もともと良性の腫瘍ですので、何らかの影響で悪性に変われば「がん」になります。ただし、早期に発見して除去できれば治すことができるものなので、「ほくろ」が気になったら自分で判断せずに、まずは皮膚科などの医療機関で受診してください。