もう隠さなくて良い。自信が持てる肌へ。

ほくろの除去をするポイント|失敗しない美容整形

適切な処置で悩みを解消

カウンセリング

ほくろの除去を考えているなら、レーザー機器を導入している美容クリニックでの治療をおすすめします。レーザー治療なら負担をかけずにきれいに除去することができ、美容医療としてはリーズナブルな価格で提供されています。

キレイになる様々な方法

鏡を見る女性

ほくろの除去の方法にはクリームを使用していて自然に取れるようにするものと、レーザーを用いて取り除く方法があります。それぞれに異なった特徴があるので、比較してよく検討することが大事なことであるといえます。

悩みを解消して美しい肌に

カウンセリング

気になる「ほくろ」は、手術で除去してコンプレックスを解消しましょう。ただし、「ほくろ」は皮膚の病気のサインとなるケースも考えられます。事前にカウンセリングを受けて、組織検査で「悪性かどうか」を診断してもらうことが重要です。

綺麗な肌でいたい

顔を触る婦人

施術によって異なる特色

顔などに大きなほくろがあると嫌だな、除去したいなと考えるのではないでしょうか。まだ見えない部分なら服などで隠せることができますが顔や首筋、腕など見える部分はやはり気になります。その中でもやはり顔に小さいならいいのですが、大きめのほくろなら尚更、除去したいと考えてしまいます。シミと違ってメイクでは隠すことができないですし、化粧品で薄くすることもできません。ほくろは除去するしかないのか、手術はちょっと怖い、どんな風に除去するのかと不安になります。いつまでも綺麗な肌でいたいのに、手術跡が残っては嫌だなとも考えてしまいます。一般的によく耳にするのがレーザー治療でほくろを除去するのですが、これはほくろにレーザーを照射し、軽い火傷を起こしてほくろを取る方法です。ほくろが濃いほど痛みが強くなるそうですが、ほくろがそれほど大きくなければ麻酔もしないで施術を行なう場合がほとんどだそうです。ただ、傷あとが少ない分、大きさや濃さで治療期間が長くなるのでそこが気になるところです。また、メスを使う方法に比べると再発の可能性も高いようです。レーザーを当てたあとはステロイド剤を塗ってテープ保護し、傷が落ち着いたら次の治療をするので時間もかなりかかりそうです。それ以外にも、紫外線対策もシミのときと同じで気を付けないといけないそうです。治療には炭酸ガスレーザーで除去する方法や色素細胞を破壊するQスイッチレーザーなどあるそうなので、病院でなにが一番適しているのか、料金はどれくらい変わるのかなども踏まえて確認したほうがいいでしょう。肌に傷をつける行為は、皮膚科、美容外科、美容皮膚科、形成外科、美容整形外科など医師のいる専門機関のみ許可されているので、エステサロンでは受けられません。病院によってはレーザーよりも短時間でできる電気分解法といって、特殊な高周波によってほくろの組織を蒸散させて除去する方法で傷の治りも早く、5〜6ミリくらいのほくろに対応できるのだそうです。適切な傷のケアをすれば数か月後には傷も目立つことがないようなので、すごく安心できます。いろんな方法があるようなので、まずは自己判断せずクチコミや料金もお手頃なところを探し、自分に適したクリニックを見つけたら一度電話してから行かれたほうがいいのではないでしょうか。また、周りの人で行かれたことがある方に話を聞いてから、納得いく内容と金額であれば専門のところで綺麗に除去してもらい、綺麗な肌といつまでも言われるようにきちんと除去後のアフターケアも見てもらえる病院を探すべきではないでしょうか。

意外にも簡単に取れる

顔を触るウーマン

ほくろはチャーミングポイントでもありますが、部位や大きさ、濃さによっては厄介で除去したいと感じる方もいるかもしれません。しかし、ご家庭で自己流の方法で取り除くのではなく、きちんと医療機関で施術を受ける事をお勧めします。

施術を行う医療機関

顔を触る婦人

コンプレックスとなりやすいほくろは、いっそのこと除去してしまうのがいいでしょう。医療機関は健康保険が適用になる皮膚科にするか、費用は自己負担となるものの、詳しい説明を受けられる時間にゆとりのある美容外科クリニックかのどちらかになります。